つれづれに
情報社会化をみながら、新たな家族のあり方を考える視点で、つれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化
 少子化対策とは、結婚した女性に出産させることらしい。だから、とにかく結婚させようとしている。しかし、少子化は止まらないだろう。やがて、結婚しなくても良いから、子供を産んでくれさえすればいい、といった政策に変わるだろう。
 西洋諸国は、理念としての個人化を肯定して、家族政策を単家族へと転換した。それに対して、我が国は子供が減って仕方なしに、個人化を渋々認めていくだろう。ここでも理念より実利の優先する体質が表れるに違いない。
 今後、未婚者の中絶禁止へむかうのではないだろうか。それと同じ頃、未婚の母を認めることが、少子化防止に役立つと政策転換が図られるに違いない。しかし、それまで保つだろうか。
 
 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takumi5.blog43.fc2.com/tb.php/12-ca4cd3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。